http://fcmc.web.fc2.com/josho.png 労働保険・社会保険関連の各種手続の代行

 ※ このHPの中で“労働保険”は、『労災保険・雇用保険』を、
  “社会保険”は『健康保険・厚生年金保険』を指します。

 (1)新規適用

  クラブを新たに労働保険・社会保険適用事業所にする手続きです。

  労働保険は、社員・アルバイトなどの名称を問わず1人でもSTAFFを雇えば加入する
  義務があります。

  社会保険は、社員を含めてシフトが週30時間以上のSTAFF5人以上になったら、
  またはクラブが法人(株式会社など)となった時に加入する必要があります。

  社会保険は最低限の福利厚生です。社会保険が適用されているかでクラブを選択
  する方もいます。優秀なSTAFF確保のために、社会保険適用をお勧め致します。


 (2)労働保険の年度更新

  毎年67月に発生する業務です。

  労働保険料は、4月〜翌年3月の総賃金支給額から算出します。

  (申告書の提出先:事業所管轄の労働基準監督署)


 (3)社会保険の算定

  毎年7月に発生する業務です。

  46月に支給される給与の平均額から標準報酬月額を決定し、同年9月より新たに
  決定された(もしくは据え置かれた)標準報酬月額に基づいて算出された新たな
  保険料が適用されます。


 (4)雇用保険・社会保険の被保険者資格取得・喪失の手続

   雇用保険:シフト週20時間以上

   社会保険:シフト週30時間以上

  になると保険への加入が必要になります。

  雇用保険・社会保険に加入したSTAFF退職の際には、資格喪失の手続が必要です。
  (社会保険は、喪失の手続をしないと、保険料が発生し続けます。)

http://fcmc.web.fc2.com/josho.png 毎月の給与・賞与計算事務

 毎月のルーティン業務をサポート!!

  タイムカードなど、出勤簿をお預かりし、社会保険料などを控除した印刷された
  給与明細書をお届け致します。

http://fcmc.web.fc2.com/josho.png 人事管理規程の作成・見直し

 組織を機能させるためには、しっかりとした管理体制が必要です。

  管理体制を明確にしていないと、『誰がどの仕事をするのか』『誰が誰に対して
  指示を出すのか』など責任の所在がはっきりせず、理想とするクラブを実現する
  のが難しくなります。

  シフト時間帯ごとの責任の所在を明確にし、必要な情報を確実に管理者様が集約
  出来るようにするため、またSTAFF11人が責任感を持ち現場に立つことが出来る
  ようにするための人事管理規程の作成・見直しを致します。

http://fcmc.web.fc2.com/josho.png 各種契約書の作成

 明確なルールを定めることは、リスクを管理する上でとても重要です。

  クラブへの入会手続、雇用したSTAFFの時給やフリーインストラクターのフィーの
  決定など全て契約です。法律上、口頭の約束でも契約は成立しますが、それでは
  当然『言った、言わない』ということになってしまいます。

  禁止事項や契約期間など、きちんと書面にしておけば、不要なトラブルを事前に
  防ぐことが出来ます。

  リスクを回避するための各種契約書を作成致します。

http://fcmc.web.fc2.com/josho.png 就業規則(正社員/アルバイト用)・給与規程の作成・見直し

 明確な労働条件・給与規程は、STAFFを安心させます。

  社員・アルバイトなど名称を問わず、常用のSTAFF10名以上になった場合に就業
  規則作成の義務が生じます。どのような基準で給与・時給が上がるのか、STAFF
  とってとても大切なことです。明確な労働条件・給与規程は、モチベーションUP
  にもつながります。

  明確なルールはクラブを守るものともなります。

  クラブを発展させる就業規則・給与規程を作成致します。

Designed by CSS.Design Sample

inserted by FC2 system